コエンザイムQ10サプリメント。

体内での多様な効果を持つことからサプリメントでも大人気のコエンザイムQ10は、美肌効果や不妊対策にも期待されています。

コエンザイムQ10をサプリメントで!

コエンザイムQ10は体の全ての細胞に存在し、生命活動に欠かせない成分です。

もともとは体内での生成が可能なのですが、加齢とともに生成量が減少することから、不足分を食品やサプリメントで摂取することが大切になっています。

しかし、コエンザイムQ10を食品から摂取することは難しく、1日の摂取目安量とされている30mgを摂取しようとすると、牛肉なら1kg、1匹40g程度のイワシなら12匹食べる必要がありますので、継続しようとすればさらに難しくなってしまいます。

コエンザイムQ10は、日々必要となる成分であり、これらの食品量を毎日食べることは非常に難しいことですので、手軽で毎日摂取出来るサプリメントが人気となっています。

コエンザイムQ10の摂取量や上限量については、現在のところ定められていませんが、上記でも記載のとおり1日30mgを目安にすると良いでしょう。

これは、コエンザイムQ10が医薬品として用いられていた際の用量ですので、摂取量として安全に摂取出来るでしょう。

コエンザイムQ10は体内で生成させる成分ですので、非常に安全性が高いとされていますが、極めて多量に摂取した場合には、副作用として軽度の胃腸障害(悪心、下痢、上腹部痛)が報告されています。

これまでの多くのコエンザイムQ10サプリメントには、酸化型が使われていましたが、最近では還元型のコエンザイムQ10サプリメントが販売されています。

私たちの体内に存在するコエンザイムQ10は「還元型」で、酸化型を摂取した場合には、体内で還元型に変換されてからコエンザイムQ10として使用されます。

還元型コエンザイムQ10は、この無駄な変換作用を無くし、体内で効率良くコエンザイムQ10の作用を発揮出来ることから注目を集めています。

機能性表示食品としてのコエンザイムQ10

人気のコエンザイムQ10は多くのメーカーから機能性表示食品<加工食品(サプリメント形状)>の届出が行われていますので、体表的な数社を下記に紹介してます。

届出されている機能性関与成分は全て「還元型コエンザイムQ10」です。

商品名
メーカー 届出効果
還元型コエンザイムQ10(キューテン)100 カネカ日常の生活で生じる身体的な疲労感の軽減に役立つことが報告されています。
コエンザイムQ10(キューテン)ダイレクト DHC細胞のエネルギー産生を助け、日常的な生活での一過性の身体的疲労感を軽減する機能があることが報告されています。
ハツラツQ10(キューテン) キューサイ 中高齢者の日常生活で生じる一過性の肉体的疲労感および精神的疲労感を軽減する機能があることが報告されています。
UHAグミサプリ 還元型コエンザイムQ10 味覚糖 還元型コエンザイムQ10には日常の生活で生じる身体的な疲労感を軽減する機能があることが報告されています。

これらは一部ですが、主に『疲労感の軽減』に対して効果が報告されているようです。

還元型と酸化型の違いって?

コエンザイムQ10には酸化型と還元型がありますが、2つの違いをご存じでしょうか?
コエンザイムQ10は体内では「還元型」として働きますので、酸化型を摂取した場合、体内にで「還元型」に変換にしなければ本来のチカラを発揮することが出来ません。

また、酸化型を還元型に変換する力は、加齢とともに低下すると言われていますので、サプリメントで摂取する場合は還元型COQ10がオススメです。

スポンサーリンク
ページのトップへ戻る